TEMPOSTAR(テンポスター)は複数倉庫の通販事業者におすすめ!

ECサイトの一元管理システムは、カタログスペックとしてはほとんど違いがありません。
※参考記事:失敗しないEC一元管理システム比較検討のコツ

本記事は、一元管理システムの導入比較検討や、入れ替えを検討している方に向けて、TEMPOSTARのサービス特徴をご紹介します。
TEMPOSTARについてサービス提供元のNHN SAVAWAY株式会社 営業部 宮崎さんにお聞きしました。

複数の物流倉庫を利用している通販事業者はTEMPOSTAR!

Q.御社の提供するTEMPOSTARの特徴と他社サービスの違いを教えてください。

主な特徴としては、以下の機能です。

  • カスタマイズ可能なASP(クラウドサービス)
  • 複数倉庫管理が可能。各倉庫の在庫管理と、自動で注文分割(倉庫毎)し出荷指示
  • 在庫がある限り無制限で行われるヤフオク自動再出品機能
  • AmazonFBAマルチチャネル対応(オプション費用なし)
  • 商品情報(詳細情報、カテゴリ、画像)一括更新が可能

  • 中でも複数倉庫管理が可能。各倉庫の在庫管理と、自動で注文分割(倉庫毎)し出荷指示については当システムにしかない独自機能です。

    この機能がどういった課題をもった通販事業者様に貢献できるか、事例を挙げて説明いたします。

    複数倉庫で商品管理を行っている場合、現場では以下の課題が生じます。
  • 複数倉庫の在庫数を計算しモールに適切な販売可能数を返さないと売れ残りや売り越しに繋がる
  • 受注後どの倉庫から出荷すれば良いかの確認に時間がかかる。
  • 1.複数倉庫の在庫数を計算しモールに適切な販売可能数を返さないと売れ残りや売り越しに繋がる




    TEMPOSTARだけは解決できる!


    TEMPOSTARは倉庫毎の在庫数を合算後、「注文されているが入金待ち」などの未発送商品数を加味した上で、販売可能在庫数を各モールへ送ることが出来ます。
    未発送の商品の在庫を考慮した計算になるため、売れ残りや売り越しが発生する可能性が低くなります。

    2.受注後どの倉庫から出荷すれば良いかの確認に時間がかかる。


    TEMPOSTARだけは解決できる!


    TEMPOSTARは複数倉庫管理が出来るので出荷倉庫が自動判別され、確認に時間がかかりません。
    商品毎に優先出荷倉庫を決めたり、A倉庫の在庫が切れたらB倉庫から出すという設定も出来ます。
    また、出荷倉庫が異なる複数商品の注文があった場合は受注を取り込んだ時点で自動判別し、分割して出荷指示を出す配送分割も可能です。

    当コラム読者限定のキャンペーン開催中

    シープラス通信読者への特別キャンペーン

    30日間の無料体験+本契約後最大2ヶ月無料をご提供します
    例:4月中本契約の場合、4月日割分は無料
      5月分の利用料金無料(課金含む)の最大2ヶ月無料
      TEMPOSTAR公式サイト
    ●キャンペーン適用方法
     TEMPOSTARデモ申込画面の備考欄にキャンペーンコード:「シープラス」を入力下さい。
    【ご連絡先】
    ・NHN SAVAWAY株式会社0570-064-265(ガイダンス1番)


    TOP